オーナーの紹介

いかづち食堂

ご予約・お問い合わせ 090-5928-5595

元気・出会い・感謝

■「いかづち食堂」設立の背景

代表・友永 耕司は、緑内障と診断され数年で失明の恐れがあると診断されました。改善できる数パーセントの可能性を信じて毎週福岡から熊本市内までの通院時に通過する山鹿市に魅せられて移住。食に関心を持ち、自分で作るために1,200坪の土地を借りて畑仕事をし、他にできることはないかと考えた結果、自身で経験のある飲食店を2022年8月8日(月)に開始しました。

店のスローガン「元気・出会い・感謝」をモットーに一人でも多くの人が心の底から笑顔になれるお店を目指してます。まだまだ未完成ですがより快適に過ごして頂けますよう進化し続けることを念頭において努力してまいります。

なお、「いかづち食堂」では肥料・農薬不使用の作物を作っており、食堂の店内にて野菜等の販売も行っています。また1人でも多くの人に興味を持っていただくため、農業体験の希望者も随時募集しています。